メインページに戻る

低FODMAP(フォドマップ)食認証とは?〜過敏性腸症候群(IBS)、潰瘍性大腸炎・クローン病(IBD)、お腹が弱い方向けのお腹にやさしい食品規格(FODMAP Friendly, Monash University)

低FODMAP(フォドマップ)食認証とは?〜過敏性腸症候群(IBS)、潰瘍性大腸炎・クローン病(IBD)、お腹が弱い方向けのお腹にやさしい食品規格(FODMAP Friendly, Monash University)

米国登録栄養士の宮﨑です。本日は過敏性腸症候群(IBS)や潰瘍性大腸炎・クローン病(IBD)などの腸の病気やお腹が弱い方向けの食品規格である低FODMAP(フォドマップ)認証について紹介します。



低FODMAP(フォドマップ)食とは?

FODMAPとは、腹痛や下痢などのお腹の症状に影響を与えることがわかっている特定の糖鎖の短い炭水化物の頭文字を組み合わせた言葉になります。

 


 

多くの人はこれらのFODMAPが含まれる食材を問題なく食べることができます。

しかし、IBS患者さんやIBD患者さんの中では、これらのFODMAPの一部が十分に消化・吸収されないことで消化器症状に影響を与えると考えられています。

低FODMAPとはこのFODMAPが取り除かれた食事・食品のことを指します。




FODMAPが症状に影響を与える仕組み

FODMAPは腹痛や下痢などの消化器症状にどのように影響を与えるのでしょうか?具体的には以下の2点が影響を与えていると考えられています。

 

1)小腸内に過剰に水分をためる

消化されずに残ったFODMAPが、小腸の表面から水を吸い上げ、小腸内で水分が過剰になり、下痢などの原因になります。(1),(2)


FODMAPの小腸への影響

 

(動画:米国登録栄養士がゼロから教える栄養学「低FODMAP食」より抜粋)



2)腸内細菌によってFODMAPが発酵されガスが発生

吸収されなかったFODMAPは、大腸まで移動し、腸内細菌により発酵されます。その結果、ガスが消化管内に滞留し、腹部の膨満感や痛みにつながると考えられています。(1),(2) 

 

FODMAPの大腸への影響

 

(動画:米国登録栄養士がゼロから教える栄養学「低FODMAP食」より抜粋)




低FODMAP食の有効性

 

IBS患者さんに対する低FODMAP(フォドマップ)食の効果は複数の研究で確認されており、低FODMAP食により、50-76%のIBS患者さんで消化器症状の改善が認められています(3)。

 

また、IBD患者さんのうち約1/3の方は、寛解期で炎症が落ち着いているにもかかわらず腹痛・下痢等の消化器症状を有していると言われていますが、このIBD寛解期の消化器症状に対しても効果が確認されています。(4)




低FODMAP認証とは?

 

商品やレシピなどが低FODMAPに該当するか否かについて認証機関が検査等を実際に行い、低FODMAPに該当することを認証しています。代表的な低FODMAP認証規格は以下となります。






終わりに

今回は低FODMAP認証について紹介いたしました。低FODMAP食は世界で注目を集めている食事療法であり、その認証規格である低FODMAP認証取得商品も増えています。気になる方はぜひ商品をご確認いただければと思います。

 

 

参考文献

1.Chey WD, Eswaran S, Kurlander J. Irritable bowel syndrome: a clinical review. JAMA. 3;313(9):949-58, 2015.

2.Staudacher HM, Whelan K. The low FODMAP diet: recent advances in understanding its mechanisms and efficacy in IBS. Gut. 66(8):1517-1527, 2017.

3.Dollan R, Chey WD, Eswaran S. The Role of Diet in the Management of Irritable Bowel Syndrome: A Focus on FODMAPs. Expert Rev Gastroenterol Hepatol. 2018 Jun;12(6):607-615.

4.Zhan Y-L, Zhan Y-A, Dai S-X. Is a low FODMAP diet beneficial for patients with inflammatory bowel disease? A meta-analysis and systematic review. Clin Nutr. 37(1):123-129, 2018.